まずは話のネタを決めておこう

まずは話のネタを決めておこう

テレクラを利用する際に、できれば事前に話のネタをある程度まとめておいたほうがいいでしょう。

何も考えずに女の子と繋がると緊張してしまうはずです。

かなりトークに自信があるという場合は別ですが、そうでないのであれば事前にネタを考えておきましょう。
このネタは、多ければ多いほどいいです。

特にテレクラに慣れるまでの間は紙にいろいろなネタを書いたうえで電話をしたほうが、会話につまってしまうことがありません。

ですが、具体的にどんな話をすればいいのか全く分からないという人もいるはずです。まずは、基本的な流れを理解しておくといいですね。

基本的に、最初は挨拶から始めます。テレクラでは自分の名前を名乗らず急に本題に入ってしまう男性が多いので、丁寧に自己紹介をするだけでも好印象を与えることができるんです。

僕の場合、「はじめまして○○といいます」といっただけで「すごい丁寧ですね!」なんて驚かれたこともあるくらいです。

名前と年齢くらいは最低限でも伝えておきたいポイントだと言えるでしょう。

こちらから名前と年齢を伝えると相手からも自然な流れで教えてもらえることが多いので、スムーズに名前や年齢を聞くことができるんです。

考えておきたい会話のネタ

具体的な会話のネタについてですが、次のようなものはどうでしょうか?

仕事について
仕事に関する話は苦手な人もいますが、仕事の愚痴をいいたくてテレクラを利用している女性も多いので、軽く聞いてみましょう。

また、専業主婦を相手にする場合は相手に仕事の話をしてもらうのは難しいわけなので、家事のネタなどに切り替えたほうがいいかもしれませんね。

好きなタイプ
異性に関する話は盛り上がることが多いのですが、会話が始まって間もないと相手を警戒させてしまう可能性があります。
そのため、少し会話が弾んでからにしたほうがいいでしょう。

天気の話
テレクラは近所の人との出会いが探せるわけなので、今の天気について語るのもいいですね。
それに、天気の話はサクラを見分ける有効な手段でもあります。サクラかな?と思ったら地元の天気とは違う天気をいってみるんです。

とても晴れている時に「雨がすごいね」といって、「そうですね」と言われたらその人はその地域にいない=サクラということになります。

休日の過ごし方
前回の休みは何をしていたか?ということを聞くだけでも相手の行動を読むことができます。

アウトドアに出かけていたと答えれば積極的な人、家でDVDを観ていたといえば休日はゆっくり過ごしたいタイプであるなど、想像することができますね。

何よりもおすすめなのは、趣味の話です。
しかし、自分が興味があることと相手の趣味が同じであるという保証はありません。

どうしても趣味が合わないという相手もいるでしょう。その場合は、相手の趣味について質問するなどして話を合わせるのも効果的です。

自分が興味があることであれば積極的に話をしてくれる女性が多いので、自然と会話も進みやすくなるからです。

もしここで自分の趣味と相手の趣味が同じだった場合、共通の趣味がある人とは短時間で仲良くなれる可能性が高くなります。

他にも、部活動や兄弟、家族のネタを取り入れていくのもいいですね。

会話がなくなってしまったら

どんなにたくさんネタを用意していたとしても、ネタが尽きてしまうことがあるはずです。その場合、無理に会話を引き延ばしてしまうのではなく、電話を切ったほうがいいですね。

会話がなくなってしまったら

会話を引き延ばしてだらだらしたうえで切ってしまうと、最終的には「つまらなかった」と思われてしまうかもしれません。

ですが、会話のネタがなくなってきたなと感じたタイミングで電話を終わらせた場合、会話が盛り上がっていた時の「楽しい」という印象を残したまま電話を終了させることができるんです。

即会いを希望している人の場合、会話を引き延ばしてでもデートの約束を取り付けたいと思ってしまうかもしれませんが、それよりも会話が盛り上がったタイミングで「電話番号教えておくからよかったらかけて」と伝えておいたほうが成功率はアップします。

関連ページ

このページの先頭へ