簡単に好印象を与える方法

簡単に好印象を与える方法

女性に好印象を与える方法は、非常にたくさんあります。
例えば、相手の名前を呼ぶというのもとても簡単でありながら効果が高い方法です。

電話が始まったらすぐに自己紹介をして、相手の名前を聞きましょう。ニックネームを伝えてくる人もいますが、そういった人は本名を教えるのが嫌な人だと判断することができるので、無理に本名を聞く必要はありません。

名前を呼ぶというのは、何か会話をする際に、「○○ちゃんは?」という感じで自然に名前を入れていくということです。

人は名前を呼ばれると親近感が沸くとされているので、積極的に名前を取り入れていくといいですね。

名前を間違ってしまうと大変なので、名前を聞いたらすぐにメモを取っておくといいでしょう。会話中に何度も名前を聞くのは失礼にあたります。

聞き上手はモテる!

女性の場合もそうですが、聞き上手の人は人気が出ますよね。テレクラの場合も同じです。

ただ、テレクラで聞き上手になるのは普通に面と向かって話を聞くのに比べ、難しいと言えるかもしれません。

面と向かって話をする際には、ただ笑って頷くだけでもしっかり話を聞いているということアピールすることができます。

しかし、テレクラではそれが難しいわけなので、ちゃんと声を出して反応を示さなければならないと言えるでしょう。

少し考えてみたいのが、声のトーンについてです。常に同じ声のトーンだと話が単調になってしまうので、意図的にトーンを変えてみてはどうでしょうか?

例えば、悩み相談をされている時には少し暗い真面目なトーンで話を聞いて、楽しい話をしている際には明るいトーンで話をするといった工夫も効果的です。

テレクラでは声で感情を伝える必要があるため、感情を声に乗せる練習をしてみてはどうでしょうか?

マイナスなイメージを与えない

誰でも暗い人より明るい人のほうがいいと感じるでしょう。話のネタが暗い人は、それだけで暗いイメージを与えてしまいがちなので、明るい話題に絞って会話をしていくことも大切です。

また、愚痴ばかりを言う人は嫌われがちなので、愚痴を避けるようにしておいたほうがいいですね。
相手の女性が愚痴を言ってきた場合もそれにのってしまうのではなく、聞き上手に回って自分からは愚痴を言わないようにするのもいいでしょう。

それと、自慢話も女性から嫌われる話題の一つです。

例えば、「年収が○○万円だ」とか「会社では重要な仕事任されている」、「女性からモテる」というように、自慢系の話は避けておいたほうがいいですね。

「え!すごい!」と反応してくれる女性もいますが、ほとんどの場合が御世辞だったり、話を合わせてくれていると考えましょう。

相手の反応を真に受けて「盛り上がっている」と勘違いしてしまうと、急に電話を切られてしまうこともあります。

褒めることも大切

伝言ダイヤルを使わない場合、テレクラではお互いのことを全く知らない状態で電話が繋がりますよね。

そのため、相手のことを褒めるといっても何を褒めればいいのか分からない人が多いでしょう。

そこで、実践したいのが、与えられた情報から、褒める点を探していくということです。例えば、電話がつながった時に「かわいい声だね」と褒めるだけでも相手は喜んでくれます。

かわいいという言葉の他に、色っぽい、元気、魅力的など、様々な褒め言葉を用意しておくのもいいですね。

他にも名前を褒めたりすると喜んでくれる人が多いです。ただ、あまりやりすぎてしまうと嘘くさくなってしまうので、適度に褒めるように心がけましょう。

褒められて嫌な気分になる人はいません。

それに、褒めてあげることによって、「自分に好感を持ってくれている」と感じる女性がたくさんいるので、すぐに仲良くなれるのです。

関連ページ

このページの先頭へ