テレクラのコーナーについて

テレクラのコーナーについて

テレクラによってどのような種類があるかは違いますが、コーナーというものが用意されています。

自分に合ったコーナーを選択することによって話が合う人を見つけやすくなるでしょう。

コーナーを利用する場合は、テレクラに電話をかけて希望するコーナーの番号をプッシュするだけなので、非常に簡単です。

ただ、利用するコーナーによって料金が変わることも多いので、こちらはしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

どういったものがあるのか紹介すると、ナンパコーナー・出会いコーナーと呼ばれるものを用意しているところは非常に多いです。これは、実際に会える人を探すことができるコーナーですね。

テレクラといっても、実際に会える人を探している人ばかりではありません。電話で話ができれば満足という人も多いのです。(もちろん、電話で仲良くなれるだけの人を探している場合は問題ありません。)

日常会話を楽しみたいという人も、電話友達コーナーのようなものを選択するといいでしょう。

テレフォンセックスコーナー

人気が高いのがテレフォンセックスコーナーです。その名の通り、テレフォンセックスが楽しめるコーナーで、利用者は非常に多いです。

一口にテレフォンセックスといっても利用するテレクラによって更に細かく分けられている場合もあり、例えば10代限定、20代限定、50歳以上など、年齢によって分けられているものもあります。

他に男性側の年齢を限定するものもありますね。
例えば、年上の男性から攻められたい女性をターゲットとしているコーナーでは、30代後半以上の男性しか利用できないコーナーがあったりするのです。

テレフォンセックス関連コーナーの中には、男性の声が聞こえないような仕組みになっているものもあります。
こういったコーナーは、女性の声を盗聴しているような感覚で楽しむことができるでしょう。

テレフォンセックスに慣れていない人のために、テレフォンセックス初心者専用のコーナーを用意しているテレクラもあります。

伝言ダイヤルについて

伝言ダイヤルも利用者が多く、人気の高いコーナーです。
これは留守番電話メッセージの交換だと考えれば想像しやすいのではないでしょうか。

直接電話で話すのは不安がある、慣れてから話をしたいと思っている人でも安心です。

伝言ダイヤルを利用する際には、女性にメッセージを聞いてもらう時のことをしっかり考えおきましょう。

たくさんの人が伝言ダイヤルを利用しているわけなので、女性はたくさんのメッセージを次々に聞いて好みの男性を探すのが一般的です。

そのため、他の男性には差をつけることが大切なんです。

まず、はっきりした声で明るく話をすることも重要です。ぼそぼそと何を言っているのか分からないようなメッセージを吹き込んだところで誰も興味を持ってくれません。

何を話すか迷ってしまうと時間がもったいないので、原稿を用意してから伝言ダイヤルを利用したほうがいいでしょう。すらすら話ができる人のほうが好印象を与えることができます。

できれば、最初に携帯電話やスマホにメッセージの録音機能がないか確認してみましょう。

録音機能があった場合、伝言ダイヤルを利用する前に実際にメッセージを録音してみて、それを聞いてみるといいですね。

自分ではしっかり話ができているつもりでも改善点が見つかったりするので、確認することも重要です。

伝言ダイヤルについて

それと、伝言ダイヤルのメッセージ再生が始まったら前半に大切なアピールポイントを入れるようにしましょう。

せっかく素敵なアピールポイントがあったとしても、それを後半に入れてしまうとそこまで聞いてもらえない可能性があるので、注意が必要です。

また、伝言ダイヤルでアダルトな内容を入れすぎると引かれてしまいます。これは、テレフォンセックスコーナーをメインで利用している女性に対してアプローチする場合でも同じことが言えるのです。

アダルト目的でテレクラを使っている女性でも、安心して話せる男性を探しているわけなので、伝言ダイヤルでアダルト系のメッセージを吹き込むと反応が悪いです。

これらのコツを知っておけば、伝言ダイヤルで失敗することはまずありません。

最初から会話機能を利用してもいいのですが、慣れるまでは伝言ダイヤルを使ってみるのもいいでしょう。

関連ページ

このページの先頭へ